【スマートフォンの言語を英語(English)】にする”英語学習法&注意点”(随時更新) No ratings yet.

実際に、僕もしていて、かつ、瞬時に今の環境を英語学習環境にできる方法。

実際に、やって頂けると一番わかると思いますが、普段使っているスマホの文章、アプリやメールなどが英語になります。

見た目が同じで「日本語⇒英語(English)」になっているだけでありますが、注意点がいくつかあります。

①専門用語が使われている(難しい単語、簡単な単語なのに複数の意味をもつ単語)

②日本語⇒英語だけではない変化点が多々ある

③イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語等

【①専門用語が使われている(難しい単語、簡単な単語なのに複数の意味をもつ単語)】

まず、①の壁はおそらく誰でも、ぶち当たります(笑)

これは、辞書を使ったり、慣れたりするしかないです(笑)

しかし、【誤操作には、注意しないといけません!!】

英語であっても、日本語であっても、スマートフォンであることには、変わりありませんので、押してはいけないボタンを間違って押してしまうと、大変なことになります……。

1つ例を出すと、このGmailです!

「Subject」はこんな意味で使われているのか!?

とか「Compose」ってなんやねん!笑

等、人によっていろいろ学ぶ点があると思います!!

しかし、メールで誤操作をしてしまうと…………(¯―¯٥)

【②日本語⇒英語だけではない変化点が多々ある】

②に関しては、僕が実際に使っていて気付きました。

例えば、GooglePlayでアプリを検索する時に、日本語のアプリが出ず、ほとんど英語のアプリしか出てこない……。

Googleを使って検索する時にも、あります……。

基本的に、スマートフォンの言語を「日本⇒英語」にすると日本に住んでいても、英語が優先になるようです。

やはり、『日本にいる時は、日本語に設定するのが一番使いやすい』と思います……笑笑

【③イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語等】

上のスクリーンショットのように、僕は特に意味はなく、(United States)を選んでいますが、実際には国によって英語の発音などの違いがあります。

「TOMATO」の発音だけでも、(トメィトー)と(トマト)といった違いがあります(笑)

TOEICのナレーションの人も、実は色々な国の人がいます。

ただ、スマートフォンで、どういう違いがあるかはまだわかりません……。

以上になります!

このスマートフォンの言語を変更する方法を、上手く使って英語の学習をしましょう!!

・誤操作

・迷子

にはくれぐれも注意です(笑)

新たな発見があったら、また更新しまーす!(`・ω・´)ゞ


【評価】