【本田圭佑さん名言】日本では「出る杭は打たれる」アメリカでは全く反対のことわざがある!! No ratings yet.

このことに関することを話す、本田圭佑さん

本田圭佑さん「日本では誰もやってない事をすると批判を受けるが、アメリカは誰もやってないことをするとヒーロー扱いされる

ここからは、ユウスケホンダが語ります笑(・∀・)

日本🇯🇵のことわざに「出る杭は打たれる」ということわざがあります。

【出る杭は打たれる】 (コトバンクさんより)

大辞林 第三版の解説

でるくいはうたれる【出る杭は打たれる】

〔「出る釘くぎは打たれる」とも〕

頭角を現す者はとかく他の人から憎まれ邪魔をされる。
よけいなことをする者は他から制裁を受ける。

アメリカ🇺🇸では、逆に次のようなことわざです。

The squeaky wheel gets the grease.

「キーキー音を立てる車輪は油をさしてもらえる」”(直訳)

⇒ 「黙っていては注目されない

というまったく逆の意味を持つことわざが存在します。

日本の常識と、アメリカの常識があるということです。

映画、ワイルドスピード、東京ドリフトの1シーンでも、

日本🇯🇵にはこういう「ことわざ」があるぜ!

と英語で言っていました。

The Japanese have a saying.

「出る杭は打たれる」

The nail that sticks out gets hammered.

(ショーンのおやじ)

というシーンがあります(‘・ω・’)

グローバル社会である今、日本の常識にばかり目を向けていてはいけないでしょう。知らんけど(‘・ω・’)

ほな(`・ω・´)ゞ

他にも本田圭佑(ケイスケホンダ)さんなど、面白い記事を用意してありますので、是非ご覧ください😀😀😀

わいは、ユウスケホンダやけど笑笑😇


このサイトも、参考に!

https://eigo-jouhou.com/the-nail-that-sticks-out-gets-hammered/amp/

【「英語力をどないしても上げたいんやーー(´・ω・`)」

  という方は、こちらも参考に!!(`・ω・´)ゞ】

【評価】

コメントを残す