【2019、令和元年】ドラマのような、パワハラを、権力を悪用した、圧力による隠蔽・もみ消しが存在した【今年1年の振り返り】 No ratings yet.

どーも、ユウスケホンダです(`・ω・´)ゞ

今年も終わりということで、今年1年を振り返って見ようと思う。

1年前は、人間のいる所では、ないところにいた

※人間のいる所でない⇒ヤクザや、暴力団ではありません😇

今年は、数年ぶりに、環境がガラリと変わったとしてあった。

1年前は、とある研究をしていた。

簡単にいうと、スマホやパソコンなどに使われる電池と人工知能に関する研究である。

研究内容自体は、好きなことをやっていたので、楽しかった。

楽しすぎて、土日も長期休みの時も、それらのことを考えていた。

しかし、研究する場というのは、かなり閉鎖的なところで、パワハラが当たり前のように行なわれていた。

怒鳴られても、「はい。」

ものすごく嫌なことをやらされ、「これやっとけや!」と言われても、「はい。」

「~~せな、殺す。」と言われても、「はい。」

ゴマすり、お機嫌取りをしないといけない。

実力の世界ではなく、いかに上にゴマをすれるか、好かれるかという世界であった。

間違いなく、人間の住む所ではなかった。

同期で亡くなった人もいる。(おそらく、自殺。)

先輩も、辞めていった。

後輩も、辞めたい、辞めたいと言っていた。

もちろん、パワハラ委員会なるものが、存在する。

しかし、権力や圧力を使い、パワハラをもみ消す、隠蔽するのである。

パワハラ委員会も、その組織の一員であり、そのメンバーで構成されている。

だから、自分達の都合の悪いことは、パワハラ委員会がなかったことにするのである。

結局は、泣き寝入り。

本音を言った、僕は飛ばされた。

実際にあったこと、事実を言うと、飛ばされるのである。

まるで、白い巨塔のドラマのような世界であった。

里見先生のように、真実を言った僕は飛ばされた。

令和元年となった今でも、このような白い巨塔のような権力や圧力による隠蔽やもみ消しは、世界は存在する。

だが、僕は、この経験を活かそうと考えている。

僕だけでなく、現在苦しんでいる方、過去にそのような経験のある方が、おそらくいらっしゃる。

もちろん、ニュースでやっているように、決して、パワハラ、セクハラはいけない。

しかし、権力や圧力による、隠蔽やもみ消しは、ありえない。

そのような世界が存在するのである。

今も昔も、飛ばされるのは、当たり前!?

僕は、昨年とは全く違うことをしている。

しかし、事実を言ったら、飛ばされるのは予想していた。昭和、平成の大学の教授は、そういうことをすると知っていたからだ。

一番有名であるのが、「白い巨塔」

浪速大学医学部医学科の大学病院の医局で、教授、学部長、学長、などの圧力を使ったり、お金や絵画などの物(賄賂、ワイロ)、悪いことを揉み消しをしたりする、ノンフィクション、実話をもとにした「山崎豊子」さんの作品です。

派閥を組んだりと、大変な世界観が描かれています。

※ただ、医師のお話

しかし、僕が知ったのは、実際には医学部だけではなく、工学部、理学部、農学部などの理系の研究室でも、行われている、行われていたということである。

私立大学、国立大学の違いもありますが。

また、大学によっても全く違う。なぜなら、国立大か、旧国営であり、独立行政法人化されたからであある。

(まさか、ドラマのように本当に飛ばされた 笑)

「事実は小説よりも奇なり」

である。

※文系(法学部、文学部、経済学部、経営学部)のゼミ?で行われているかは、僕にはわかりません(´・ω・`)

未だに、日本🇯🇵において、

「権力や圧力による、隠蔽やもみ消し」

は存在する。

“上司のパワハラが原因”三菱電機の新入社員自殺 労災申請へ2019年12月18日 16時00分

上のように、ニュースで公開されるのは、実は「氷山の一角」である。

最近になって医療事故の報告が相次いでいる大学病院はどこか?
京都大学、名古屋大学、横浜市立大学である。
これらの大学の共通点は何か?
医療安全の教授がいることだ。
医療安全に取り組むと医療事故が増える?
おそらくそうではない。これらの病院は正直にディスクロージャーを行っているのだ。


この度の京都大学の一件でも、突然心停止が起きました。原因は分かりません、としてもみ消すことだってできたかもしれない。
ありのままにディスクロージャーを行うことが医療安全につながるとの信念があるのだと思う。


しかし、問題は第三者委員会なるものが設けられて、現場と乖離した法律に詳しい専門家の意見が採用されて、新たな書類作成が増加することだ。
マニュアル作業は”その事件”を予防することには役立つだろう。しかし確実に作業量は増加する。


結果として、現場は疲弊し、有限の資源である集中力が消耗されて、また新たな問題を引き起こすことにつながる。

一言でいうと、#隠蔽 があるかないかですね……。

それらの大学は、しっかりと事実報告している。
⇒#信用 できる

勉強になりました(`・ω・´)ゞ

#白い巨塔 のようですね!笑笑
財前教授と柳原先生が、頭に浮かぶ……笑


2万インプレッション、行きそう……笑
僕は、そういうの大丈夫なので、「リツイート」や「いいね!」お好きにどうぞ(`・ω・´)ゞ

#唐沢寿明 版の #白い巨塔 の #伊藤英明 さんの動画を見ていただくと、すーっと理解度が深まると思います!!

白い巨塔「嘘だ!真実の叫び」https://t.co/LKgvWSeDB9

日本🇯🇵では、「出る杭は打たれる」

GAFAのような企業に日本企業が追いつくのは無理と言われている。
色々の原因が語られているが、私も現時点では不可能だと思う。
私の思う一番の原因は、日本企業にはイノベーションを起こすことのできる人材が存在しないことだ。
イノベーションを起こすことのできる人材とは、

イノベーションを起こす人材は、ギフテッドとよばれる、発達障害者達である。
ビルゲイツがその代表だ。
シリンコンバレーは、別名アスペルガーバレーともいわれている。一見キモいオタクを受け入れる多様性がイノベーションを支えている。
日本企業にそういった人間の居場所はあるのだろうか?

僕は、20代。

かなりの人に言われたので確かだと思うが、僕は賢いらしい。

プロフィールにある通り、教授、名誉教授にすら言われた。

薬局に言った際に、薬剤師のおばあちゃん(東京大学薬学部卒)にも、言われてしまった。

喋り口調や、文字の書き方等ですぐにわかるらしい。

真面目な話、ユウスケホンダは、本田圭佑さんタイプである。

ビジネスやら、政治経済、哲学を好む。

ただ、そのような尖った人物が、日本🇯🇵ては、「出る杭は打たれる」という形で、周りから非難を受ける。

それが、日本🇯🇵である。

【評価】

コメントを残す