数学検定は就職活動・転職活動で有利になる?ならない? No ratings yet.

どーも、ユウスケホンダです(`・ω・´)ゞ!!

今回は「数学検定」について、書きたいと思います!!

数学検定とは?

数学の能力をはかる試験として、おそらく1番有名だと思います!

※他には、統計検定、アクチュアリーなどもあります!

最近、小学生が合格したことで、かなり話題になりましたね!

数検1級に最年少で合格した小学生が文部科学大臣賞を受賞! 2018年度成績優秀者を表彰する「数検」グランプリ受賞者決定(数検ホームページより)

レベルは、

大学生レベル(理工系基礎レベル)⇒1級

高校生レベル、大学受験レベル⇒準一級

です!

それ以外は、ググったほうが、詳しい情報が出てくると思います笑( ・∇・)

参考に⇒「公益財団法人 日本数学検定協会」

数学検定は就職活動で必要?

さて、本題ですが、就職活動や転職活動で有利かどうかですが、

正直、数検より英検やTOEICのほうが断然有利になると思います!

確かに、数学は非常に大事な学問・科目です。

僕は「英語より数学のほうが大事である。」と思っているくらい、数学は大事です。

しかし、実際社会人や大学生が取得しているかというと、NOです。

正直、数検を取得している人が見たこともありません。

実際に、僕も持っていません。

数学が、1番得意にも関わらずです(´・ω・`)

【まとめ】

数学は非常に大事ですが、数学より英語(TOEIC、TOEFL、英検など)をしたほうが、就職活動・転職活動の有利になるのは間違いありません。

ほな(`・ω・´)ゞ

【評価】

コメントを残す