【英文】セミコロン(;)とコロン(:)の違いを解説! No ratings yet.

セミコロン(;)

句読点の1つで(;)の記号。

コンマ( ,)より大きく、ピリオド(.)より小さな区切りを示す。

形はコロン(:)と似ているが、用法は全く違うので間違えないようにしなくてはいけない。

セミコロンには次のような用法がある。

①対照的な内容の節を接続詞を用いずに並列する場合

・強者は常に正しく、弱者は常に悪者にされる。

The powerful are always right; the weak always wrong.


②中にコンマを含む句を区切る場合

・私の好きな花は次のようなものだ。すなわち、色のよさから言えばばら、そしてその明るさから言えばきんぽうげ。

These are my favorite: rose, for their color; and buttercups, for their cheerfulness.

コロン(:)

句読点の1つで(:)の印。

次に内容の敷衍(ふえん)的または付加的説明、言い換えなどが続くことを示す記号。

よくセミコロン(;)と間違えられるが、セミコロンは区切りを表し、コンマとピリオドの中間的終止の記号であるから、全く性格が異なる。

コロンはいわば(→)のような性格を持ち、次に続くことを表す点が大きな特徴である。


①文中での本来の用法。

(i)次に敷衍(ふえん)的・付加的説明が続くことを表す。

・この調査の目的は次のとおりである。すらわち ……..

The aims of this survey are (as follows)….,


(ii)やや格式ばった、長めの引用文の前に使われることがある。

・首相は記者会見で次のように語った。「我々は国会の解散は考えていない。しかし…….」

The prime minister told the news conference: ” We are not considering the dissolution of the Diet. However, …..”


②慣用的な記号として.

(i)《 米 》で時刻を数字で示すとき

10:25 a.m.

(ii)著者名に続いて書名をあげるとき.

Theornton Wilder: Our Town, 1983


※(参考)ライトハウス和英辞典第5版

【評価】

コメントを残す