第二新卒、既卒、ニート向けオススメ求人サイト【一覧!】

【「データサイエンティスト転職」の求人!東京か福岡で、年収800万円クラス!】「人工知能と数学の確率統計を使うお仕事・エンジニア!」

住宅ローンにおける税金の控除について No ratings yet.

【無料体験しましょう!】プログラミングを学ぶなら、本田圭佑さんも学んでいた、イケメンマコなり社長の「TECH::CAMP(テックキャンプ)」

【 無料カウンセリングを受けてみましょう!! 】本田圭佑、北島康介の英語学習、プログリット!!【厚生労働大臣、一般教育訓練給付金あり!】

住宅ローンにおける税金の控除について

家を買う時にはどうしても大きな買い物になるため住宅ローンがとても重要ですが、住宅ローン控除についても同様に知っておきたいことです。

住宅ローンを利用すると、税金が一部控除される可能性があることは意外とマイナーな知識です。

企業に勤めていると、年末調整は企業が行っているため、税の控除など確定申告が関係することは基本的にしません。

住宅ローン控除という制度は、確定申告を行うことではじめて控除されるものであり、会社員によっては馴染みがありません。

いくかの条件をクリアしていなければ、住宅ローン控除は利用できませんが、適用されれば所得税から一定額が控除されます。

住宅ローン控除を利用するためには、ただ建物を建てればいいというわけではなく、自分が住むためのものであり、10年以上のローンでなければいけません。

具体的な税の控除額についても、住宅ローンの金額に応じた部分によって異なっています。

住み始めた年の、住宅ローン残高の1%が、住宅ローン控除として適用されるようになっています。

ただし、税務署が毎年行う確定申告の時期に、住宅ローン控除についての申告をしなければ、税金の控除をしてもらうことはできません。

確定申告を行うためには、建物・土地の登記事項証明書、建物・土地の不動産売買契約書の写し、住宅ローンの残高を証明する残高証明書などが必要です。

これまでは、会社側が税に関する処理を済ませてくれているため、確定申告の方法がよくわからないという方もいます。

住宅ローン控除のために、確定申告をしたいという時には、必要な書類だけを揃えて税務署に相談しにいくのもいい方法です。

【評価】

コメントを残す